将棋の名人戦・順位戦の仕組み|藤井聡太七段が昇級するための条件は

将棋

将棋の八大タイトル戦の1つ『名人戦』は、竜王戦と並び格式が最も高い棋戦です。

そして80年以上の続いている、格式と伝統のある棋戦なんです。

その名人戦は毎年対局者が2人しかいないって知っていました?名人と挑戦者の2人で争われるのが名人戦で、挑戦者を決める戦いは順位戦と呼ばれています。

名人戦と順位戦は他の棋戦と比べても仕組みが難しく、順位戦の結果によっては引退に近づいてしまう(順位戦への参加資格のないフリークラスへ降格)ことにもなりかねない、棋士にとっては1番重要な棋戦と言っても過言ではありません。

本記事では名人戦・順位戦について詳しく解説していきます。

将棋の名人戦とは:開催概要

将棋の名人戦は80年以上も続く、棋戦の中で最も伝統と格式のある棋戦です。

開催概要
主催 毎日新聞社、朝日新聞社
協賛 大和証券グループ
開催期間 4~6月
対局ルール ・7番勝負

・2日制

・持ち時間は9時間

永世称号 通算5期獲得
名人戦挑戦権 順位戦A級優勝者

現在は佐藤天彦名人が3期連続名人位を獲得中です。

将棋棋戦:歴代名人獲得者一覧

歴代名人獲得者一覧
1-5期 木村義雄
6-7期 塚田正夫
8-10期 木村義雄
11-15期 大山康晴
16-17期 升田幸三
18-30期 大山康晴
31-39期 中原誠
40期 加藤一二三
41-42期 谷川浩司
43-45期 中原誠
46-47期 谷川浩司
48-50期 中原誠
51期 米長邦雄
52-54期 羽生善治
55期 谷川浩司
56-57期 佐藤康光
58‐59期 丸山忠久
60期 森内俊之
61期 羽生善治
62-65期 森内俊之
66-68期 羽生善治
69-71期 森内俊之
72-73期 羽生善治
74-76期 佐藤天彦

歴代名人の中で、永世名人の称号を獲得している棋士は6名います。

永世名人獲得者一覧
木村義雄
大山康晴
中原誠
谷川浩司
森内俊之
羽生善治

そうそうたる面々ですね。

将棋の順位戦とは

順位戦は棋士がA級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の5つの組に属しリーグ戦を行い、名人戦の挑戦権を争う棋戦です。

先ほど挙げた5つの組以外にも、フリークラスと呼ばれるどの組にも属さない棋士もいます。フリークラスの棋士たちは順位戦に参加することができないため、名人戦への挑戦権もありません。

順位戦は複雑

名人戦への挑戦権はA級の優勝棋士しかないのですが、A級には原則として10名の限られた棋士しか所属することができません。

A級の棋士になるのも大変でして、順位戦は必ずC級2組からスタートするのですが(どんなに強い棋士でも)、1つずつ昇級条件をクリアし昇級していくしかないんです。もちろん飛び級もありません。

そして、順位戦は1年がかりで行われるため、名人の挑戦権を得るには、最短でも5年はかかってしまいます。

長い道のりですね。

順位戦の組によって対局料が違う

棋士のお給料に直結する対局料。

実はこの対局料、所属する組によって金額が違うんです。

もちろんA級の棋士は対局料が高く、C級2組の棋士は少なくなっています。

実力主義の世界ですね。

 

順位戦ポイント
  • 順位戦はC級2組から始まる
  • 1リーグ戦い抜くのに1年かかる
  • 飛び級はない
  • A級の優勝者のみ名人戦へ
  • 所属する組によって対局料も違う

名人戦に挑戦するには

  • 1
    C級2組
    上位3名に入る
  • 2
    C級1組
    上位2名に入る
  • 3
    B級2組
    上位2名に入る
  • 4
    B級1組
    上位2名に入る
  • 5
    A級
    優勝する

藤井聡太七段が名人になるには

藤井聡太七段も例外なくC級2組から順位戦に参加していますが、現在はC級1組でリーグ戦を戦っています。

藤井七段が名人になるには、

C級1組(現在)

B級2組

B級1組

A級

名人戦

と、どんなに早くても4年はかかってしまいますね。

名人戦ばかりはA級にしか挑戦権がないので、気長に見守っていくしかなさそうです。

名人戦・順位戦まとめ

棋士にとって最も重要な棋戦の1つである、名人戦・順位戦。

名人戦への挑戦は、順位戦でA級まで昇級し、A級で優勝するというとても険しい道のりです。

そして、1つの組の違いでお給料(対局料)に差がでて、生活も左右されるため、順位戦は負けられない戦いなんです。(どの棋戦でも負けられませんが)

藤井聡太七段にも早く名人位を獲得してもらい、永世名人の称号を目指してもらいたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です